長傘を超える大きさなのに、超軽量! 軽くて大きい折り畳み傘 ベスト3

 折りたたみ傘を探すときに重要視されるポイントの一つに「大きさ」という観点があります。でも、大きければ大きいほど犠牲になるのは軽さです。今回は、そんな軽くて大きい折りたたみ傘という相反する二つのニーズに答える折りたたみ傘をご紹介します。

 大きさの基準は一般的な長傘に匹敵する120センチ以上、軽さは300グラム以下の範囲内に設定。急な雨でも、濡れにくいのに携帯性の高い大型折りたたみ傘の決定版です!

スポンサーリンク
アドセンス大

300グラム以下で最大の折りたたみ傘 「パトリア(patria) A2689 Super e-DRY」

 300グラム以下の折りたたみ傘で最大の直径を持つ折りたたみ傘は、このA2689 Super e-DRYになります。

 直径はなんと126センチ。にもかかわらず、重さは270グラムと軽量、特大を両立した折りたたみ傘です。

 サイズだけでなく、強力な撥水効果が持続する特殊な生地「スーパーe-dry」を採用。水弾きを前面に押し出した商品で、親骨などをつなぎとめる部分の鋲(リベット)には、コスト削減のために通常は中空になっているものと違い、中身の詰まった「ソリッドリベット」を使用し、壊れにくさを確保しています。

 デザインは落ち着いた黒やグレーなど4色展開ですが、ネイビーなら女性でも自然に使えるかもしれません。

 価格は3200円程度。最大の折りたたみ傘でも129センチなので、これ以上大きな傘は望めないといっても過言ではありません。

Amazon.co.jpはこちら↓
パトリア(patria) A2689 Super e-DRY 長期間持続 強力撥水のe-DRY生地使用

120センチ以上で最軽量の折りたたみ傘「小宮商店 超軽量&超大判 3段折」

 直径120センチを超える折りたたみ傘で最も軽いのはこの小宮商店の大判&超軽量です。

 重さ205グラムは、通常サイズ(直径90センチ程度)の折りたたみ傘と比べてもそん色のない軽さ。秘密は、高価だけど超軽量のカーボン素材をふんだんに活用している点です。生地にはテフロン加工を施し、撥水性も高められています。

 価格は5500円程度。値段はやや高めですが、大きくてもできるだけ軽い折りたたみ傘がほしいという方には最適な選択です。

Amazon.co.jpはこちら↓
小宮商店 超軽量&超大判 畳んだ時の長さは約30cm、A4版の用紙サイズとほぼ同じ

安さが魅力の軽量大型折りたたみ傘 「アテイン(ATTAIN)60cm8k軽量楽々ミニポンジー無地」

 このATTAINの折りたたみ傘は値段の安さから人気が高い折りたたみ傘です。

 その価格、なんと2000円程度。ただでさえ、けっこう安い部類の折りたたみ傘ですが、直径はしっかり120センチ、重さも238グラムと軽量で大型の折りたたみ傘として十分なスペックを備えた1本です。

 色は黒、紺、緑の3色ですが、まさにビジネスマン向けの折りたたみ傘といった趣き。一応120センチも幅があれば、通勤時のバッグが濡れる心配も減りますし、リュックを背負っていても濡れないサイズといえます。

Amazon.co.jpはこちら↓
アテイン 楽々ミニポンジー バックに忍ばせていても邪魔になりません

 

スポンサーリンク
アドセンス大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス大