素朴な疑問シリーズ! 折りたたみ傘は機内に持ち込めるの?

 旅行に行くなら、荷物は軽い方がいい。その時に大活躍するのが折りたたみ傘ですが、飛行機に乗るときに手荷物に折りたたみ傘を持ち込めるのか、というのは気になるポイントです。

 ただ、結論から言えば、「まったく大丈夫」ということに尽きます。

 JAL(全日空)の場合は「預ける荷物、機内持ち込みともに可能」と明言していますが、先端が鋭利な場合は持ち込みできない場合があると釘をさしています。先端が鋭利って・・・それはもう傘じゃない気もします。

 ANA(全日本空輸)の場合は、特に言及はありませんが、少なくとも傘を持ち込んではいけないとは言っていません。

   そもそも、長がさの場合でも航空会社によって扱いがまちまちで、預ける荷物に入らない場合は持ち込むように指示されることもあります、融通がきかない係員だと、没収されることもあります。

 とはいえ、長がさならまだ凶器にもなりそうな気がしますが、折りたたみ傘で叩かれても、「イテっ」というくらいで、乗っ取れる気はしませんよね。

 小型のプロペラ機なんかの場合なら、雨の中、滑走路を歩いて乗り込むこともあるので、傘の持ち込みはそれほど神経質にはなっていません。

 そういえば、先日読んだコラムで、作家の曽野綾子さんが「年をとって薬を開けるためのはさみを持ち歩いているが、いつも飛行機で没収される」と杓子定規な航空会社の対応と、子供用のはさみを持ったおばあちゃんさえ取り押さえる自信のない世の中に愚痴をこぼしておられました。テロは勘弁してほしいですが、道理の通らないルールはなんとかしてほしいですね。

 ただ、本気で武器になる傘もあるので、持ち込みにはご注意を↓

 The Unbreakable Walking-Stick Umbrellaは平均男性の体重の負荷をかけても折れることなく、また、女性の防犯グッズ用の傘としても、役立つ傘。スイカを叩き割っても、サンドバッグを力いっぱい殴りつけても、壊れることなく普通に差すことができる

スポンサーリンク
アドセンス大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス大